たびぽっくる

人気観光スポットやお得な旅行情報サイト

ビザが必要な国でトランジットする際に起きた悲劇

これは本当にあったお話です。

私自身の話ではないのですが、知っておいて損はないかなと思うので書くことにしました。(昔のお話なので、ビザについては現在の条件とは異なります)

 

これは、成田空港から添乗員も一緒にインド経由でヨーロッパへ行くというツアーで起きた悲劇のお話です。

成田から経由地のインド行きの機内で、ある一人のお客様が何杯かお酒を飲んでいました。

そのお客様はお一人でツアーに参加しており、添乗員も遠くの席から少し不安げに様子を見ていたところ、なんと突然、飛行機の中で発作を起こしてしまいました。

大事には至らなかったのですが、経由地のインドの空港で添乗員とともに降りることになりました。そのお客様はこのまま目的地のヨーロッパへは行かずに帰ることに。

 

悲劇はここから起きました。

インドはビザが必要な国。そのツアーはヨーロッパへ行くツアーですので、添乗員もそのお客様もビザは持っていません。

なのでインドには一歩も出れない!

そこで航空会社の指定ホテルへ強制的に連行(?)されることになりました。

そして次の日になったら帰れるだろうと思っていたのですが、

なんとパイロットによる搭乗拒否が発生!

 

旅客運送約款という飛行機関連のお約束がありまして、

そこには

「特別な扱いが必要な人」「他のお客さんに迷惑を及ぼす恐れのある人」

に該当する場合は搭乗拒否ができる。

とあるのです。

 

つまり、「乗せてあげるよ」と言ってくれるパイロットが現れるまで帰ることもできない!

そしてビザがないため指定ホテルから一歩も出れない!

 

ということになり、そのまま数日間ホテルに缶詰になり、3食とも、指定ホテルのなんともいえないカレーを食べることになり・・・・。

 

という驚くような本当のお話でした。

今ならアライバルビザという名のビザがあり、即時空港でツーリストビザの発給も受けれようになっているようなので(空港による)、今のインドだったら起きない悲劇だったかもしれません。

しかしアライバルビザが取れない国もまだたくさんあるので、そういった国で乗り継ぎをする場合、こんなことになる可能性もあります。

日本から乗り継ぎすることが多くビザが事前に必要な場所といえば、

ロシアのモスクワとか、サウジアラビアとかブラジルとかアフリカのいくつかの国など結構多くあります。

日本のパスポートは世界一ビザなしで渡航できる国の数が多いといえど、ビザが必要な国はたっくさんあります。

 

 

ちなみにツアーの他のお客様たちは添乗員なしで、現地係員がなんとかしながら無事ヨーロッパを旅行されたようです。添乗員付きのツアーを申し込んでいたのに残念だったかもしれませんが、仕方がありませんね。