たびぽっくる

人気観光スポットやお得な旅行情報サイト

バックパッカーの旅なら必須、絶対にあると便利なアイテム3選

 旅の持ち物は極力減らしたいもの。

洋服を減らし、財布を小さくし、限界まで持ち物を減らして、

それでも私が必ず旅行に持って行くグッズがあります。

 

温泉旅館や高級ホテルでゆっくりする旅行なら不要だけれども、

こんな旅行タイプの人は絶対に持って行った方がいい厳選アイテムをご紹介します。

 

・バックパッカー

・airbnbや安宿に一泊でも泊まる人

・ビーチなどのアクティビティを予定している人

 

 

1.速乾タオル(マリングッズメーカーのもの限定)

安宿にはタオルなどのアメニティがないことがよくあります。

バックパッカーの人が泊まるようなホステルには基本的に無いです。

使った次の日に宿を移動しなければならなかったりで、洗うタイミング等が難しいタオルはとにかく軽くて速乾性のあるものがおすすめです。

私の一押しはこちらです。

リーフツアラー 速乾タオル 超うす旅行用 速乾バスタオル RA-001 ブルー

リーフツアラー 速乾タオル 超うす旅行用 速乾バスタオル RA-001 ブルー

 

 タオルの割りに値が張りますが、その価値があります。

本当にびっくりするくらいの速乾です。干して一時間もすれば乾いています。

薄いのでかさばらないし、とっても丈夫なので何年も愛用しています。

吸水性能が非常に優れているので、普段使いにもおすすめです。

 

 

 

次におすすめしたい商品は

2.吊るせる洗面用具ケース

海外の安いホテルにはシャワールームに石鹸置き場すらないなんてことはザラです。

自分の部屋のシャワーならまだ洗面と行き来すれば良いですが、共用シャワーのホステルの場合はそうは行きません。

そういった宿に泊まるバックパッカーの場合はこちらのタイプの商品は必須です。

ドアに引っ掛けられるタイプの収納で、濡れても大丈夫なポリエステル製で、シャンプーやコンディショナー、ボディーソープなどがたっぷり収納できます。

ちなみに、私はバックパッカーホステルでは盗難対策として、貴重品(パスポートと財布と携帯)をジップロックに入れて、シャワーを浴びる時はこちらのケースに入れてシャワールームに持ち込んでいました。

 

  

 

髪の長い人はドライヤーなしで乾かすのは大変です。

安宿にはドライヤーがないことが多いので、海外対応のドライヤーは持っていきましょう。こちらの商品は、ヘッド部分のくしを外して使っていました。

少しかさばりますが、濡れたままの髪で旅行中に風邪をひいてしまっては元も子もないので、髪の長い方は一つ持っていくことをおすすめします。

3.海外対応ドライヤー 

 

また、併せてこういった商品もおすすめです。

髪を乾かす時間をかなり短くできます。

ダイソーなどの百円均一にも売っています。

こういったものがない時は、邪道ではありますが、しっかりした日本製のティッシュでも代用できます。タオルドライした後に、ティッシュで毛先の水気を優しく吸水させます。

けれど、ティッシュよりはこのようなドライ手袋の方がおすすめです。